翡翠

●日高翡翠
函館に住む久保内貫一氏が日高山脈には緑の石が多いから必ず翡翠があると日高町の村上晃氏に探索を依頼し、村上晃氏はその2年後の1966年、千露呂川の支流ペンケユクトラシナイ沢に翡翠のような石を発見しました。このことは「軟玉ひすい発見」という記事で北海道新聞に掲載されました。その後の調査によりこの石はクロムを1%含む透輝石であることが分かりました。硬さや美しさなどからこの石が極めて宝石としての価値があることが認められ翡翠と断定されました。通常翡翠とはヒスイ輝石の硬玉(jadeite)と角閃石の軟玉(nephrite)の2種類がありますが日高翡翠はクロムを含む透輝石であり新種の翡翠になります。やがてこの宝石は正規の機関である日本宝石学会の宝石学会誌に『北海道千栄産クロム透輝石ヒスイ』として公表され国際的に公認されました。


商品番号  HIS055
商 品 名 翡翠
産  地 Bland's Peak, Mendocino County, California, USA
サ イ ズ 35x28x5mm / 14g
価  格 ¥3,900